FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山 波切不動尊・南院

徳川家霊台のご紹介のときに少し触れた波切不動尊・南院です。
本尊は空海作と伝わる浪切不動明王(重文)です。山外不出の秘仏で、6月28日のみのご開帳。

波切不動尊

その昔、弘法大師空海が唐から帰国の途中、船が難破しそうになりました。弘法大師は、師から授かった霊木に自ら一刀三礼にて不動明王を刻んで無事を祈念しました。すると火焰を放ち、利剣を波を切り裂いて航路を導いた~(イメージとしては「モーセの十戒」?)
~という伝説が「波切不動」という名の由来です。

他にも将門の乱、元寇の役など、伝説多数。

私は今まで知りませんでしたが、浪切不動明王は全国にたくさん祀られているそうです。
その元祖がこの「波切不動尊」です。

御朱印も波切不動ですが、こちらは近畿三十六不動尊霊場の36番、結願寺でもあるので、御朱印は2種類あります。

波切不動尊・南院
波切不動尊朱印
波切不動朱印2

…まぁ、ほぼ同じなんですけどね^^。
一応、先にあるほうが、一般的な御朱印。後者が霊場用の御朱印です。

それぞれ決まりはあるそうで、右上の印が違うのはもちろんですが、近畿三十六不動尊霊場では左肩の「弘法大師御守本尊」という印を押さないのが決まりとのこと。あと、日付は手書きとか^^。

宿坊では一般的に玄関で声をかけて室内で御朱印を書いてもらうことが多いです。しかし、こちらは拝殿右側に納経所があるので気が楽でした。

波切不動尊2

忘れるところでしたが、波切不動尊の見どころをもうひとつ。拝殿の鳴龍です。
白い龍の目の下で拍手を打ってください(お寺だけど)。ビーン、ビーンと音が響きます。よく屋内で仰々しくやらせてくれるところがありますが、外でこんなお気軽にやらせてくれるところはありません^^。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。