FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高野山 開創1200年特別開帳~女人堂と大日如来の御朱印

女人堂は、高野山駅から山内バスに乗るといちばん始めに見るお堂です。
金剛峯寺から歩くと20分弱とそれほど遠くありません。でも蓮華定院あたりから、急な上り坂になります。
山内バスを使えば目の前に止まります。

女人堂

上の写真で皆さんが向こうに向かってカメラを向けているのは、高野山の門(結界)を撮影しようとしているからです。
つまり、女人堂は高野山の外にあるのです。

高野山に入る道は7つあり(高野七口)、かつてはその全てに女人堂がありました。

ご存知かと思いますが、高野山は明治まで女人禁制。
それでもなんとか参籠(こもって祈願すること)したいと訪れる女性のために、山の外から参籠できるように建てられたお堂が女人堂です。

現在高野山にあるのはこの1ヶ所のみ。7つの中でも一番大きな女人堂でした。
山内の建造物と比べるとかなり質素なつくりです。正直、中もそれほど見どころは…。

かつては7つの女人堂をつなぐ尾根道を「女人道」と呼び、御廟を遥拝するために危険を冒して巡ったのだそう。
昔の女性の信仰心には頭が下がります。

この女人堂の御朱印と合わせて宿坊・遍照尊院の御朱印もご覧ください。
ちなみに遍照尊院は見た目も美しい精進料理で人気の宿坊です。伺っているときも引っ切り無しに予約の電話が入っていました。
施設も充実しているようですね。

女人堂(左)と遍照尊院(右)
女人堂朱印

上の御朱印はどちらも大日如来です。
でも、その上の梵字をご覧ください。ちょっと違うでしょう?
左は「ア」と読み胎蔵界の大日如来。右は「バン」、金剛界の大日如来です。

ふたつ合わせて両界曼荼羅を表そうと思ったのですが、御朱印帳は右から左に書かれるのを忘れて、結局逆に。
これぞ、策士策に溺れるということで^^。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。